2008年06月20日

チャグチャグ馬っコ

2008061900.jpg

お昼は和食のお店に連れて行ってもらいました
お店の名前 忘れちゃった・・・
新しく出来たビルの中にあるお店です

2008061901r.jpg

more⇒⇒⇒
posted by みー | Comment(4) | TrackBack(0) | tradition event

鬼剣舞

地震のあった日
家族の一人が新幹線に乗っていたので なかなか連絡が取れず
とても心配しましたが
新幹線が宇都宮を通過し小山まで行っていたので 
その後は在来線で無事東京まで行ったと知り
安心して 母とお買い物に出かけました
デパートで偶然 北上の「鬼剣舞」に遭遇わーい(嬉しい顔)
生まれて初めて 生の迫力を楽しみました

2008061401.jpg


鬼剣舞 ⇒ 目

more⇒⇒⇒
posted by みー | Comment(2) | TrackBack(0) | tradition event

2006年01月07日

ムーチーの日

今日は旧暦の12月8日 ムーチーの日と言って
鬼餅「ムーチー」を食べる日です
もち米粉に味付けをし月桃(サンニン)の葉に包んで蒸して作ります
(って私は作ったことがないけど) 
厄払いのため子どもの健康と成長を願う物らしいです
子どものいる家ではその子の年の数だけムーチーと作るとか 
スーパーに行ったら 材料や出来上がった物が沢山売られていました

          more⇒⇒⇒
posted by みー | Comment(5) | TrackBack(2) | tradition event

2005年12月22日

トゥーンジー

今日は二十四節気の「冬至」
島では「トゥーンジー」と言います
この時期に襲来する本格的な寒波は「トゥンジービーサ」と呼ばれ
温かい「冬至ジューシー」を食べて 寒さをしのぐ習わしがあるそうです


122200.jpg

 more⇒⇒⇒
posted by みー | Comment(0) | TrackBack(0) | tradition event

2005年08月17日

道ジュネー

こんな時間(午前0:00過ぎ)になって外が騒がしい。
太鼓の音がする。
「明日のエイサーの練習かな?」って話していたら、
一時間くらいかかって、「イヤサ〜 ハイヤ〜」の掛け声と共に、
この地区の青年団によるエイサーが、ウチの前にやって来た。
なんでこんな時間に?ウンケー(迎え盆)は明日でしょ?(まぁ日付は変わってるけど)
去年までは、夕方とかに来てたのに、どうして今年は一日早く来たんだろう?
誰かを捕まえて、質問攻めにすれば良かったわ(笑)

夜中にやって来ても、遠慮はしない青年団のお兄さんたち。
め一杯踊って「○丁目○番の○○さんから金一封頂きました〜!」「わ〜〜〜」
と金一封の発表の度に太鼓と共に気勢を上げて、次の場所へ行ってしまいました。

道ジュネーとはエイサーを踊りながら練り歩くことで、お盆の時期に行われます。
ルーツは念仏踊り。

この時期のエイサーはショーではないので、踊っている所をライトアップしたりしないので、
写真に撮っても周りが暗いのでなかなか写りません。(夜だからね)
お兄さんの目の前に行って写せば撮れますが、
私は、そういう事が苦手なのでなかなかできませんもうやだ〜(悲しい顔)

家の窓から懲りずに今年もカメラチャレンジしてみましたが、
真っ暗な暗闇だけが映っていました ふらふら




人気blogランキングに参加中。
あなたの1クリックをお願いします。

banner_04.gif



posted by みー | Comment(6) | TrackBack(1) | tradition event

2005年02月25日

旧十六日祭 ジュウルクニチー

昨日は旧暦の1月16日で不思議島は旧十六日祭の日だった。

2,3日前からスーパーでは「旧十六日の準備に」という特集コーナーができており、
かまぼこやオードブルの盛り合わせなどが並んでいた。

「旧十六日って何?」って思ったから、去年はわからないままスルーしていたんだなきっと。
今年はテレビのニュースで見ることができ、やっと「ご先祖様のお正月」だと知ることができた。

NHKドラマ「ちゅらさん」や映画「ナヴィの恋」を見てご存知の方も多いと思うけど、
島のお墓は敷地が広い。
そこにごちそうを持って集まり、お墓参りをしてご先祖様と新年を祝い、
あの世でお金に困らないようにウチカビ(紙幣くらいの大きさで おうど色をした薄い紙)
と呼ばれるあの世のお金を焼いて(何枚もね)、祖先供養をする。

トラキチの話によると「会社を休んだり 早退する人がいた」ということなので、
2月9日の旧正月より、盛大に行われているという印象を受けた。
そういえば先日新聞に「旧正月の伝統を守りましょう」という投稿があったけど、
あれは、だんだん旧正月を祝う人たちが減ってきているということなんだろうな。
昨日のようなご先祖さまに関する伝統行事は、 これからも残って行く様な気がする。

うちな〜ぐちでは母音の「オ」の段が「ウ」に変化している くとぅば(言葉)が時々ある。
「そば」→「すば」「もち」→「むーちー」「若者」→「わかむん」「焼物」→「やちむん」
などなど・・・
今日のタイトル「ジュウルクニチー」というのは、カタカナ表記になっているから全然違う言葉の様に見えるけど、きっと「じゅうろくにち」のことなんだろうと思う。

私は言語学者ではないので(笑)ただの大ウソつきだったら、ごめんなさ〜〜〜い。




続きを読む
posted by みー | tradition event