2006年12月22日

「ラプソディ・イン・ブルー」に酔いしれる

今日は上野の東京文化会館へ
今年最後の「松本和将ピアノリサイタル」でした

061222.jpg






プログラムの前半はクリスマスに因んで
バッハ      「主よ 人の望みの喜びよ」
ラフマニノフ   「ヴォカリーズ」
チャイコフスキー 「四季」…(11月12月1月) 
吉松隆      「プレイアデス舞曲集」…(真夜中のノエル 他)

ご本人のお話によると 日本と違って
ヨーロッパのクリスマスは本当に静かに過ごす日
そんなクリスマスを思わせる 静かな音を楽しむような曲をプログラミング
CDでお馴染みの曲もいつもとは一味違って
音の余韻を楽しんでいるかのようでした
このホールは音の響きが良く 教会で弾いているような気分になるとか


後半はガラリと趣向を変えて ラテンな曲をラインナップ
(ついでに服装もちょっとだけラテンな雰囲気にマイナーチェンジ 笑)

フアリャ「火祭りの踊り」
初めて聞く名前だと思っていたら バレエ音楽で有名な曲という曲は
私でも何度も聞いたことがある曲でした

(↓ちょっと雰囲気が違っているんだけど 音源がありました)

http://www.geocities.jp/violet_aimusic/play/play.html


前半の静かな曲とは違って情熱的な演奏は別人みたい
ピアノの鍵盤の底が抜ける〜〜〜と思ってしまいました
(抜ける様な物ではないですが)

次はこの日ために一番最初に選んだと言うフアリャの
「アンダルシア幻想曲」
スペイン音楽をコンサートでやるのは殆ど始めての挑戦!
と言っていましたが 情熱的な演奏がとても合っています
初めて聞いたこの曲 いろんな要素がミックスされていて
ピアノの音が いろんな色に鳴り響いていました

そしてピアソラの「ナイトクラブ」
ピアソラと言えば CMでおなじみヨー・ヨー・マの
「リベルタンゴ」が有名ですが
この「ナイトクラブ」もとてもいい曲でした

http://www.tsutaya.co.jp/item/music/view_m.zhtml?pdid=20086201

ラストは「ラブソディ・イン・ブルー」
ドラマ「のだめ〜」のエンディングで 使われている曲です
(ドラマが始まる前の7月には既に プログラムが決まってました 念のため 笑)
今日は 作曲家本人編曲によるピアノ独奏版
ちょっと軽い感じの曲と思っていたのですが
とても壮大な曲なんですね もう鳥肌が立つような演奏でした
ピアノが何台もあるような音!

演奏を聞いているうちに ピアノが松本さんの体の一部になって行くというか
指先と鍵盤の境目がなくなっているように見えてしまって 
仕方がなかったです

この曲をドラマのエンディングで 
よくあんなに短い演奏用に編曲して使ったなと 逆に思いました

最近の私は 偶然にも松本さんの「ベートヴェン・プログラム」
のリサイタルばかりに行っていたので
全く違う今日の選曲に 大満足の一夜でした
ご本人の本格的なMC付きのコンサートも初めてだったし
前から3列目の席は 演奏している時の息遣いが聞こえてくるほどです
チケットは指定席でも自分では席を選べなくて 主催者側にお任せ
ちょっと前過ぎました^^; あと2,3列後ろだったら
もっとよく手元が見えたのにと思うと ちょっと残念

ホールの良し悪しを耳で聞き分けられるように 
今からでもなれるものなのかな?


松本和将ファンクラブ

http://webs.to/matsumoto-fan/


前回のコンサート

http://welovelovebeer.seesaa.net/article/21762568.html



出かけている間にサンタさんがプレゼントを持って来てくれたみたい!
どうも ありがとうわーい(嬉しい顔)
061222_2350~01.jpg


タグ:松本和将
posted by みー | Comment(6) | TrackBack(0) | music
この記事へのコメント
ピアノリサイタル良いですね〜。
そちらだといろいろな催しがあるから楽しめますよね。
ラフマニノフのヴォカリーズ、大学オケ時代に、アンコール曲で弾きました。
とても大好きな曲ですが、ピアノ版は聴いたことがありません。どんな感じなのかな。

前から3列目…確かにちょっと前過ぎて首が痛くなりませんでしたか?
でも、間近でさぞ迫力が感じられたでしょうね。
ホールの良し悪しは座る場所とか演奏内容(編成)によっても変わるような気がします。(私もそんなに詳しくありませんが…)

ピアノは勿論、スタンウェイでしょうか。
持ち込みじゃないですよね?
Posted by 楓ママ at 2006年12月23日 23:46
いい音を聴くのだったら、ピアノの左端の鍵盤から曲線の凹んだところを通った直線状の席、と昔付き合っていたピアノ調律師の彼が言っていました。
でも私はピアニストの指使いが見たい。
でもコンサートでは隣に座って聴きたい。
とジレンマでした。
今年何度目の松本さんの演奏会でしたか?
好きな演奏家ができて、しょっちゅう聴けるのは幸せなことです。
Posted by GAMA at 2006年12月23日 23:48
楓ママさん
ヴォカリーズってピアノ曲じゃないの?
すみません よく知らなくて^^;

ピアノはスタンウェイでしたよ〜 持込じゃありません
楓ママさんのお嬢さんの発表会の会場となった
宜野座でスタンウェイには ビックリしました\(◎o◎)/!
宜野座って阪神のお陰でお金持ちなのかな?

前過ぎて 鍵盤が見えなかったの
首も痛くなったけど 
本人に見えるからと思ったのか
拍手にチカラを入れすぎて 手も痛かったわ(笑)
Posted by みー@lovebeer at 2006年12月25日 00:18
のだめ人気で、今、クラシックのコンサートはすごい集客力だそうですね。
そんな中で前から3列目とはすごい!
ビタミンMが降りそそぎました?(^^)

最近ウチはしまじろうのCDばっかりかかってるなぁ・・・。みーさんの興奮が伝わる文章を読んで、久しぶりに松本さんのCDが聴きたくなりました。
Posted by さむぺい at 2006年12月25日 00:20
GAMAさん
いい音を聞ける場所いうのは そんなに右の方なのですか?
う〜ん 鍵盤が見えない席ですよね
GAMAさんはそれで どちらのお席を選んだのでしょう
調律師のカレとは またスゴイですね(@_@;)

今年は浜離宮とこの上野の2回でした
沖縄での3年間は聞けませんでしたから
本当にうれしいです
Posted by みー@lovebeer at 2006年12月25日 00:22
さむぺいさん
「のだめ」効果もあるだろうし 今の季節
クラシックシーズンという感じだし
この日文化会館の大ホールでは オペラ「魔笛」をやっていたのですが
こちらもスゴイ人 スゴイ熱気でした〜

CDまた聞きたくなってきた?
ビタミンM欠乏症?
ムフフ まっかせなさい(笑)
Posted by みー@lovebeer at 2006年12月25日 00:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30106367
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック