2012年03月11日

3.11

あれから1年が経ちました
長かったような気もするし 早かったような気もします

去年の記憶はまだらで 特に今頃の事はよくよく考えないと思え出せなかったりします
震災の前日はメトロポリタンに泊まって夜景を眺めていた
ということも 自分のblogを見て思い出したりしています

薄れていく震災の記憶 忘れられないあの日の恐怖
何年たっても アンバランスな記憶として残っていくような気がします

奇しくも今日は阪神VS.巨人のオープン戦TV
甲子園のみなさんと一緒に トラキチと二人黙祷しました

命あることに感謝しながら 故郷に思いをはせて

2年目の3月11日に
みー@lovebeer
posted by みー | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
沿岸から離れたところに住んでる私でさえこの日が近付くにつれ心臓が痛かったもの、被災地に住んでる人々は、心の傷が一生癒えないと思う…。

瓦礫が全て無くなって、そこからが復興だと思う。
Posted by GAMA at 2012年03月12日 23:59
GAMAさん
ボランティア活動の日記を読ませていただいては 
いつも何もしていない自分を恥じています

本当に思いやりに溢れた活動をしていらっしゃいますね

今いろんなものに囲まれて生活しているわけですが
これが一瞬にしてなくなってしまう…
考えただけでも 恐ろしい
沿岸部の方たちは 本当に大変な暮らしを強いられているんだなって思います
Posted by みー@lovebeer at 2012年03月13日 20:49
 震災の復旧作業に赴かせて頂いて、色々と考えさせられたんですよね。
自然の偉大なる力には逆らえないのが実感しました。
運命って逃げられないものですね。
今を大切に生きたいものです。
Posted by KAZ at 2012年03月18日 07:43
KAZさん
現地へボランティアで行かれたんですよね
故郷のみなさんのかわりに お礼を申し上げます
ありがとうございました

今を大切に生きる
もっと若い時から意識していればよかった…とちょっと後悔しています

Posted by みー@lovebeer at 2012年03月18日 09:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック