2011年08月22日

旧華頂宮邸

浄妙寺を後にして 竹のお庭で有名な 報国寺へと向かいました

報国寺の山門前で 脚が自由自在に動く「ゴリラポッド」という三脚を使って
若い3人組のお姉さんたちが 3人そろった集合写真?を撮っていました
それを見た友人のSが
「写真撮りましょうか? この人が」と急に私に振ってきたのでビックリしましたがく〜(落胆した顔)
撮るのはSじゃなくて私なのね(笑)
ひとしきり大笑いした後 お庭の散策を楽しみました
2011082121.jpg


竹のお庭を眺めながら お抹茶をいただきました
2011082122.jpg


お抹茶でノドを潤した後は 報国寺の先にある
旧華頂宮邸に向かいました



報国寺の先には何もないと思っていました
今回の鎌倉行きが決まっていろいろ調べていて
このお邸のことを知りました
奥に位置するだけあって とても静かなところです
2011082126.jpg

お邸の内部は非公開なので 外観を写真におさめながらニマニマしていたら
どこからともなくこのお邸を管理していると思われる方がいらして
お話を聞かせてくださいました

秋には敷地内のもみじが見事に色づくこと
年に2回 内部の公開があること
テレビドラマの撮影で よく使われること
一番新しいところではNHKの朝ドラ「おひさま」で使われたとこのと
お話を聞いて思い出しました!
マイコ演じる「真知子さん」の家!
ロケ地ガイドのサイトに 「鎌倉で撮影」と書いてありました!
何で下調べしている時に気がつかなかったんだろう^^;

「報国寺で引き返してしまう方が多いのに よく来てくださいました」
とお礼まで言われてしまいましたわーい(嬉しい顔)
またお邪魔させていただきます 何度でも(笑)

2011082123.jpg



2011082124.jpg

2011082125.jpg

みーがお邸好きなのは「前世でお邸のメイドとして働いていたからだ」(笑)とか言いながら
結構長い時間をここで過ごしてきました

20110821.jpg

お邸を後にすると まるで(多分)私たちを待ち構えていたかのように
とあるお宅から女性が出てきて 話しかけてきました
なんと書いたらいいのか適切な言葉が見つからないので
はっきり書いちゃいますけど 
この近所に長年住んでいらっしゃる おばあさんです

いきなりお話が始まったのでビックリしましたが
この方もやっぱり「報国寺で引き返す人が多いのに よくここまで来てれたね」
というようなことをおっしゃっていました
あのお邸には以前どこかの銀行の頭取が住んでいたこととか
あの土地は「報国寺」の物であるとか
15:00も過ぎると パタッと人通りも途絶えて
怖いくらいに静かになってしまうこと
浄妙寺のすぐ近くにはあの「原節子」が住んでいたとか
いろんなことを教えていただきました
あのあたりに住んでいる方は あのお邸を誇りに思っていらっしゃるんでしょうか
タグ:洋館 同期
posted by みー | Comment(4) | TrackBack(0) | photo
この記事へのコメント
素敵な邸宅ですね

大きくなったら 立派なお屋敷に住めるような人物になりたい・・・と思いました
Posted by ツッチョ at 2011年08月22日 10:43
あぁ!真知子さんのお家!!
素敵な洋館ですねー。
いえいえ、みーさんはきっと邸宅のお嬢様だったんでしょう、その昔。

まだまだ知らない鎌倉がありますねー。
公開日に伺いたいものです。
Posted by GAMA at 2011年08月25日 21:37
ツッチョさん
どうしてお庭側の真正面から撮ってこなかったのか(-"-)
どうしてももう一度行って 真正面から撮ってこなくちゃいけません

私も立派なお邸に住めるようになりたい…
ツッチョさんは これからもチャンスがありますよね
うらやましいです
Posted by みー@loveeer at 2011年08月28日 15:33
GAMAさん
幼稚園の時(古っ)園舎の裏側に人が住んでいない洋館がありました
あれが私の洋館への憧れの最初だったような気がします

「おひさま」以外にもミステリーとかでもよく使われてるそうです
確かに2時間ドラマに出てきそうな お邸でした(笑)
Posted by みー@lovebeer at 2011年08月28日 16:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/221485957
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック