2009年10月17日

中尊寺

毛越寺を後にして るんるんバスで中尊寺へと向かいました

2009101708.jpg


京から遠く離れたこの地に 黄金文化が花開いたのはナゼなんでしょう
奥州藤原氏が滅亡した後 歴史の表舞台に立つ事もなく
この地でひっそりと 静かに時を刻んできた平泉
今 世界遺産への登録を目指しています


中尊寺年表
 ⇒http://www.chusonji.or.jp/rekishi/nenpyo/index.html


2009101701.jpg

中尊寺に着いて思い出した ここは結構な坂を登るんだったたらーっ(汗)
中学の修学旅行で 先生に発破をかけられながら登ったんだったふらふら
でもそんなには長くないぞ!と自分を励ましながら登りました
最近 運動してなかったからきつかったなバッド(下向き矢印)

2009101709.jpg

うっそうとした杉林を歩きながら
古代のロマンへと思いを馳せます

2009101710.jpg


中尊寺の本堂は こじんまりとしています
2009101700.jpg


本堂では今東光の書が公開されていましたが
ちょうど法要の時間と重なり 見ることが出来ませんでした
本堂を見てみたかったので ちょっと残念
2009101702.jpg

2009101703.jpg


そして中尊寺のメイン 金色堂
矢張りここは 人が多かったです
初めて訪れたトラキチは 思っていたより小さい
と驚いていました
私も初めて見た時は そう思いました
2009101720.jpg


内部は当然 撮影禁止
ガイドのアナウンスが流れ よ〜く聞いてみると
その声は 村上弘明さんのようでした(岩手の出身だからね)


重要文化財野外能舞台 薪能で現在も使われています
2009101704.jpg


よくわからないけど 向こうに見える山が束稲山(たばしねやま)なのかな?
2009101705.jpg

ネコをしつこくカメラしていたら 蚊にくわれてしまったふらふら
2009101707.jpg



「ひらいずみ」という文字がなんかかわいらしくて
2009101711.jpg


つづく
posted by みー | Comment(8) | TrackBack(0) | my country
この記事へのコメント
中尊寺も良いけど達谷窟毘沙門堂が平泉周辺の観光地では好きな場所です(^_^)b
Posted by ツッチョ at 2009年10月18日 06:00
 此処も中々に雰囲気良いですね。
神社もそうですが、建物だけで無く外の景色が組み合わさって醸し出す雰囲気というものは味わうと格別なものが有りますね。
静けさの中に佇んで礼拝する行為って大好きです。
Posted by KAZ at 2009年10月18日 07:19
お久しぶりです!
毛越寺も中尊寺も学生時代一人旅をした思い出の観光地です

あれからうん十年きっと周辺とかすっかり変わっているのでしょうね

近頃とみに東北の地に行ってみたいマーです
Posted by マー at 2009年10月18日 10:58
ツッチョさん
達谷窟毘沙門堂も行ってみたいと思いましたが
車じゃなかったので行けませんでした(T_T)
次の機会には行ってみたいと思います
Posted by みー@lovebeer at 2009年10月18日 19:11
KAZさん
ここは辺り一帯が 古代史の舞台となった所なので
町全体 雰囲気があります
四国からだとあまりにも遠くて残念です
Posted by みー@lovebeer at 2009年10月18日 19:14
マーさん
お久しぶりで〜〜〜す♪
女子大生の一人旅としては かなりシブイ選択ですね\(◎o◎)/!

きっとその頃とは変わっているかとは思いますが
もしかしたら ホンの少ししか変わってないかもしれないです

東北はこれからの季節 紅葉がとてもキレイ
ですよ
Posted by みー@lovebeer at 2009年10月18日 19:17
写真がいつもきれ〜

いやされるわ〜〜〜
Posted by ひろっち at 2009年10月18日 20:01
ひろっち
そうかい? どうもありがとう!

私はひろっちの愛犬の写真に 癒されてるよいつも(^_-)-☆
Posted by みー@lovebeer at 2009年10月20日 19:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130476270
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック