2008年10月20日

東京大学

旧古河邸を後にして 上野に向かう事にしました
電車ルートはいろいろあるけれど 
いつも行きなれているJR上野駅から行くのでは ツマラナイ

そう思って南北線の東大前まで行き そこから上野公園を目指す事にしました

初めての地下鉄の駅で地上に出ると 方向がわからなくて
いつも酷い目に遭うのでふらふら 東大の構内を突っ切る事にしました

20081020000.jpg


東大に行くのは実はコレが初めて
今まで全く縁がなかったし なんとなく恐れ多くて(笑)
自分でも予定外の行動だったので なんの下調べもしないで入った構内は
近代建築の宝庫でしたexclamation×2

その殆どが内田洋三という方の設計で 内田ゴシックと呼ばれているそうです


20081020001.jpg


ここが建築学科なんだって
20081020003.jpg


20081020007.jpg


同じような仕様の建物だと思って帰って来ましたが
こうやってゆっくり見ると 少しづつ違った造りになっていました
20081020005.jpg


今静かなブームのピンホール写真風モードで撮りました
20081020004.jpg


東大と言ったらやっぱり赤門でしょ
20081020006.jpg


新しいカメラが広角レンズだと実感した安田講堂
20081020008.jpg
タグ:写真 洋館
posted by みー | Comment(2) | TrackBack(0) | photo
この記事へのコメント
綺麗に撮れてますね
ピンホールモードあるんですか?
広角も程よい広さでOK!!
Posted by ツッチョ at 2008年10月21日 15:29
ツッチョさん
ピンホールモードは このカメラに決める決め手の一つでした
快晴のモトで撮ると もっと天然色が強く出るんですよ♪

広角にまだ慣れていないので 端っこに通行人が写り込んでしまったりして
困っています
Posted by みー@lovebeer at 2008年10月22日 07:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック